「本の感想」 一覧

おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(高井浩章著)と物理学者をやめた人々について

2018/08/19   -本の感想

この本では、世の中の仕事で経済を回している仕事とはなにか、経済に逆効果な仕事とはなにか、を中学生向けのクラブ形式で解説したりしています。 この本の登場人物の先生はもともと物理学者を目指していて、それを …

わけあって絶滅しました。世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑(丸山貴史著)と人類の将来について

2018/08/19   -本の感想

子供向けの本だと思いますが、いろいろな生物の絶滅理由を集めた本を読みました。あとにいくほど面白くなるのですが、並び順でちょっと損をしている気がします。 平和な島に生息していて天敵のいない鳥は、飛ぶ能力 …

じぶん・この不思議な存在(鷲田清一著)と働くモチベーションについて

2018/08/17   -本の感想

じぶんってなあに、という哲学的問についての新書を読みました。このような変な疑問にとりつかれることがあっても、哲学書を開けば誰かが考えてくれているということがわかり、安心感を得られることがあります。たと …

「サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること」(中島明日香著)

2018/08/08   -本の感想

インターネットは生活に必要不可欠になってきていますが、そのセキュリティに関する知識は普通の生活ではほとんど学ぶことはできません。 この本では脆弱性のあるプログラムに対する攻撃方法の原理を解説しています …

「多動力」(堀江貴文著)と減点法による人の評価について

2018/08/06   -本の感想

ホリエモンの本を読みました。いろいろなことにチャレンジすることが、(ビジネスを含む)人生の成功の秘訣だというメッセージを送っています。 私のなんとなくの感想ですが、ホリエモンの考え方は極端な理系的考え …

「究極の疲れないカラダ」(仲野広倫著)とランニングによる消費カロリーについて

2018/07/28   -本の感想

スポーツカイロプラクターの方が書いた、間違った健康常識を正して疲れない体を維持するための方法を教えてくれる本です。主にお年を召してきた方向けな気がしますが、スポーツのパフォーマンスを向上するための誤解 …

「疾風の勇人」(大和田秀樹著)と選挙における一票の”価値”について

数年前NHKでやっていた白洲次郎のドラマを見てから、戦後の歴史にも興味をもちました。このタイトルにある本は、内閣総理大臣になった池田勇人の政治人生を描いた漫画です。白洲次郎も出てきます。 選挙について …

「細野真宏の世界一わかりやすい株の本」(細野真宏著)と社会に寄付するという株の考え方について

2018/07/23   -本の感想

株を全く知らない人向けに書いた、株の仕組みを解説した本です。 私は大学に入ったとき、経済の仕組みについての教養を得るために株を始めようと思いました。そこでこの本に出会いました。 NISAが施行されてか …

「筋トレが最強のソリューションである」(テストステロン著)とプロテインの必要性について

2018/07/21   -本の感想

これは、筋トレをすればあやゆる問題が解決するということを伝えている本です。伝えたいメッセージがタイトルになっているので、わかりやすくていいですね。 じっさい、ストレスや悩み事なんかがあっても、運動した …

「論理トレーニング101題」(野矢茂樹著)と英語の文章の論理結合について

2018/07/20   -本の感想

大学受験勉強の初期にお世話になった本を紹介します。論理的に文章を読み解く能力を鍛える本です。 大学受験で使われる国語の問題は基本的に理解が難しい文章が使われます。それはつまり読者に言いたいことが伝わり …

Copyright© ある物理学者の卵の視点 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.