本の感想 自己啓発 雑学 高校生くらいの方へ

「筋トレが最強のソリューションである」(テストステロン著)とプロテインの必要性について

更新日:

これは、筋トレをすればあやゆる問題が解決するということを伝えている本です。伝えたいメッセージがタイトルになっているので、わかりやすくていいですね。

じっさい、ストレスや悩み事なんかがあっても、運動した後には気が晴れて爽やかな気分になることは実感としてみんなあると思います。
しかし運動となると、すでに習慣化されていない限りやり始めようとすることは難しいですね。
この本では運動というよりも特に筋トレを推奨しています。筋トレなら効率よく筋肉もつけられるので、それによる利点もあるからだと思います。
個人的には、家で筋トレするくらいならできるので、やってみようという気持ちになりました。

部活動とプロテインについて

中学高校では部活動で運動する人が多いと思いますし、体育の授業で運動する習慣があるのでとてもいい環境です。
運動は脳を活性化するので、受験勉強に集中したい人でも体育の授業はさぼるべきではありません。受験の浪人生はそういう環境がないので、自主的にランニングや筋トレでもしたほうがいいと思います。

ところで、中高生だったころの生活で個人的に後悔していることがあります。
部活動で激しい運動をした後に、なにも栄養補給をせずに帰宅してから夕飯を食べることが普通でした。買い食いは禁止ということになっていましたし、部活の後に食べる用の弁当を持ってきたとしても夕方まで持つかどうかも怪しかったので何も持っていきませんでした。
しかし、運動後の栄養補給、特にプロテインを取らないと、せっかく鍛えた体もほとんど成長はしません。私はこれを怠ったせいで、運動部だったのにずーっと痩せ型の体型のままで、充実した生活を全くおくれませんでした。部活動はほとんど意味がなかったといってもいいです。

部活動は楽しめればそれだけでいい、という方もいると思いますが、せっかくなので栄養補給して体を鍛えておくのがいいと思います。筋肉をつけても頭が悪くなるわけではありません。むしろ良くなる方向にいくと思います。

プロテインにもいくつか種類があるようで、この本を読めばどれがいいかがわかるようです。
個人的には大豆でできた粉を牛乳に溶かして飲んでいます。
この本には書かれていませんが、もしプロテインがすぐに手に入らないという方は、運動後にチョコレート数粒と牛乳を一杯飲むだけでも多少はよいようです。

もう一つ余談ですが、私は腹筋か背筋の筋トレをさぼると、腰が痛くなることがあります。しかし、ちゃんと毎日筋トレをしていると、腰が痛くなることも、エアコンの冷えでお腹が痛くなることもなくなってきます。
筋肉は様々な不調から守ってくれますので、これからも習慣にしたいと思います。この本のおかげでさらにいくつかのモチベーションも増えましたので、しばらくは続けられそうです。

-本の感想, 自己啓発, 雑学, 高校生くらいの方へ

Copyright© ある物理学者の卵の視点 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.