旅行メモ

ディズニーワールド @フロリダ (WDW)の予算を節約して安く楽しむ方法について

更新日:

フロリダのディズニーワールドへ行く予算について調べたのでメモとして残しておきます。2018年夏に調べたおおよその料金体系です。
ちなみに書いてある料金については、正確ではなくだいたいの値段です。繁盛期かどうかによって変わる料金もありますし、アメリカの大都市はインフレがすごくて毎年数%料金が高くなっていくことも珍しくありません。このため、今の時点で正確な料金を書いておいても意味はないかなと思ったからです。

チケット料金について

4日以内ならほぼ一日100ドル。5日目以降はほぼ横ばい($10程度で一日追加)でお得。

日にちによらず、追加料金約$60で一日どのパークにも行き放題になる。つけないと1日1パーク(全4パーク存在する)

さらに日にちによらず追加料金$25でウォーター系のパーク (二種類) にも行けるようになる。

これらの追加やチケットの日にち追加はチケット購入後も差額だけ払えばできる。

ウォーター系のパークは10月下旬以降は日本人には寒いか。迷ったらついてから天気予報を見て考えるとよい。ウォーター系のパークにいくための追加チケットは差額だけで買えるので。

ダイニングチケットをつけるとパーク内の食事を2回ほどつけたりできる。食事量は日本人には多めか。
人気のレストランは予約したほうが良い。

直営のホテルを予約する場合のメリット

1) 毎年キャンペーンをやり、8月下旬から9月や、10月から12月の特定の週にダイニングチケット (一人一日$52相当) がタダになる。これは毎年時期が変わる。早めに予約しないとだめ。

2) パークへ行けるシャトルバスが無料で頻繁に出ている。

3) 空港から送迎バスが出ている。

4) ファストチケットが60日前から取れる。(普通は30日前から)

5) マジックバンド (チケットや部屋の鍵として使える) がタダで貰える ($20相当)

6) 開演1時間前に入れたり、閉園後にも遅くなってもOK.

7) そんなに高くない. バリュー系の直営店なら、一泊 $130程度 (閑散期なら $100くらいか)

8) 安い部屋の中にはないが、ホテル内のダイニングに電子レンジがある。カップ麺に使えそうなお湯も出る?

9) Garden Grocerというネット通販を使って水や食料品をホテルに届けることができる。しかもチェックイン前に冷蔵庫に入れてくれておいたりできる。$40以上の買い物で$14程度の送料が必要。水は圧倒的に安くなるので必須。牛乳やパン、ヨーグルトやバナナも買ってみては。

チケットや直営のホテルはミッキーネットという公認の代理店で購入すると1割程度安くなる。

直営ではないホテルでは、レッドライオンホテルオーランド (Red lion hotel orlando – Kissimmee maingate) というのが良さそう。
いつも割引していてだいたい一晩約$52。ただしリゾート料金として$8程度取られる。プラス税金1割程度。
シャトルバスがあるもののあまり出ていない。公共のバスLynxの最寄りのバス停からは56番バスが出ていて、いったんそれに乗って東に行き、55番のバスに乗り換えればディズニーワールドに行ける。往復で$4。
Uberという配車サービスを使えば、$8程度でホテルからディズニーワールドに行ける。
したがって、料金的には合計およそ一日$80必要。
電子レンジはついているかもしれない?ついていなければ、要求すれば一日$5程度で借りられるようだ。
これから、上記のメリット4と6を考慮に入れて直営のホテルと比べるべし。最新で人気のアトラクションに乗りたいなら以下の理由で直営のホテルがいいかもしれない。

アトラクションとファストパスについて

ファストパスの予約は各日1パーク、人気アトラクションを一つと普通のアトラクションを2つ予約可。当日3つ全部使い切ったら4つ目以降を予約できる。
予約開始日は初めの宿泊日から数えて60日(もしくは30日)前から全日分予約可能になる。そのため、長く滞在している人は実質60日よりも前からファストパスを取れる。このため、初日の分の人気アトラクションはすでに埋まってしまっている可能性がある。

パークやホテルには無線Wi-Fiがある。

全体の概算

日本からの航空券: 直行便はない。$1000くらいか。

チケット代金: 4日以上で$400程度

ホテルと移動の代金: 直営なら一日 $130、普通の安いホテルなら一日 $80程度。(一人でも二人でも同じ値段)

レストラン代金: クイックサービスダイニングプランは一人一日 $52、レギュラーダイニングプランは$72程度。前者がタダになるキャンペーンの日を選べれば、食事代金は0にできる。そのとき、差額で後者にグレードアップも可能。

お土産: 最低0円。上限なし。

一人の場合の合計: $1400 + ($140 or $80) * (泊数) + (レストラン料金) + (お土産)
5泊ならだいたい$2000程度で行けるか。

二人の場合の一人あたりの合計: $1400 + ($70 or $40) * (泊数) + (レストラン料金) + (お土産)
結構安い? 食費をケチれば5泊でも一人20万円以下にできるかもしれない。ダイニングチケットがタダになるときを選んでももちろん可能。

-旅行メモ

Copyright© ある物理学者の卵の視点 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.